ロゴ

診療放射線技師の資格を取るなら〜大学と専門学校の特徴を紹介〜

HOME>Topics>大学や専門学校で診療放射線技師の資格取得を目指そう!

医療に関わる仕事

医療現場には様々な専門家たちが集うことで、私たちも安心して医療を受けることができます。医療従事者は医師や看護師だけでなく、作業療法士や歯科衛生士、薬剤師など数多くの職業があります。

大学や専門学校で診療放射線技師の資格取得を目指そう!

複数の人

放射線診療に欠かせない職業

病院や歯医者などでも放射線診療を用いた治療を行なうことがありますが、その際に欠かせないのが、診療放射線技師です。放射線診療は人体に影響を及ぼすものなので、知識や技術をしっかり習得する必要があります。また、診療放射線技師が行っている仕事内容はたくさんあるので、この仕事を将来目指すならその内容を把握しておきましょう。仕事内容を知れば、これから大学や専門学校でどんなことを学ぶべきかがある程度わかってくるはずです。

診療放射線技師の仕事内容

  • 一般X線撮影
  • MRI検査
  • CT検査
  • 超音波検査
  • 血管検査
  • 骨密度検査
  • 消化管造影検査
  • マンモグラフィ
  • 放射線治療

診療放射線技師になるには

診療放射線技師は、レントゲン技師という呼び名で認知されていることが多いかと思います。医師や歯科医以外の者が、医療目的で放射線の検査機器を操作するには「診療放射線技師国家試験」という国家資格を取得する必要があります。では、この資格はどのような機関で取得することができるのかを紹介していきます。

診療放射線技師の資格が取得できる機関

複数の人

大学

私立・国公立の四年制大学の中に、技師養成の学科を設けている学校がありますので、そこに入学することで診療放射線技師になるために学ぶことができます。国立の大学だと医学部の一学科として、私立大学だと保険医療学部の一学科として併設されていることが多くなります。

短期大学

こちらは三年制になりますが、四年制大学に比べると数が非常に少なく、全国でも1校しかありません。しかし、その分早く国家資格を受験することができ、研究などより学問を深めていきたい場合は、四年制大学へ編入することもできます。

専門学校

専門学校も三年制ですが、夜間コースの場合は四年制となります。特徴としては、働きながら資格取得を目指す社会人もいるので、通いやすいカリキュラム編成となっている学校が多くなります。進学にはあまり有利ではありませんが、就職先にコネクションを持っていることも多いので、現場に出て働く意思が強い方にはおすすめです。